HOME深視力メガネのページに戻る

〜深視力用メガネ事例集〜石川県金沢市の眼鏡店 OptPal(オプトパル)

 

●深視力用メガネの実例

 過去に、視機能トレーニングやプリズム矯正で深視力検査を改善できた実例をご紹介いたします。

事例1

自動車学校入校前の適性検査で深視力不良となった30代後半の男性です。
隣県より片道1時間以上掛けて来店されました。
大型免許用に作られたという眼鏡を持参されましたが、三桿計(深視力計)による深視力検査は行われなかったようです。
Rv=(1.5*Sph-1.75D Cyl-1.00D Ax90)
Lv=(1.5*Sph-2.00D Cyl-1.00D Ax90)
偏光立体視標では2分はクリアできますが、三桿計では中央の桿の動きも全くわからない状態でした。

両眼開放屈折検査による完全矯正値
Rv=(1.5*Sph-1.50D Cyl-1.00D Ax87)
Lv=(1.5*Sph-1.75D Cyl-0.75D Ax96)
眼位は2△基底内方、Worth4灯計では5m、40cmともに正常です。
プッシュアップ法による輻輳近点の測定で、 30〜33cmで右目が一旦外転し、また復帰するのを確認。復帰後の近点は20cmとなりました。
遠見融像幅
分離 6△Base In〜7△Base Out 回復 5△Base In〜5△Base Out
近見融像幅
分離 16△Base In〜14△Base Out 回復 10△Base In〜6△Base Out
輻輳側の融像幅がかなり狭く、右目の不安定な動きもあり、眼球運動に問題があるものと推測いたしました。

上記の完全矯正度数の試験枠を装用のまま、ビジョントレーニングの方法を解説し、その後しばらく練習して頂いた後で、プリズム無し、各眼0.5△、右眼のみ1.0△、各眼1△を基底内方に条件を変えながら深視力の測定を行いました。おぼろげながらに桿の動きがわかるようになり、中でも各眼0.5△の付加で最もよい結果が得られましたので、この度数で処方いたしました。

約一月後、再来店になられましが、とりあえず、深視力の必要の無い 大型特殊免許取得で入校し、
深視力検査がクリアできれば、大型免許に移行するという形で、自動車学校に入校されておりました。
再検査の結果、融像幅は、ほぼモーガンの基準値に相当する値が得られ、
プッシュアップ法(眼の内よせトレーニング)での右目の不安定な動きも解消され、
三桿計の検査では、連続15回のうち14回まで1cm未満の誤差で収まるように改善しておりました。
その後、無事大型免許の取得ができたという報告とお礼のメールをいただき、喜びと共に安堵いたしました。

事例2

60代の男性。奥様のメガネの調製のためにご夫婦で来店されたかたです。
奥様の検査中に、深視力計を興味深そうに眺められていたご主人ですが、
お話をうかがってみると、一応大型免許は取得してはいるものの、 更新のたびに大変苦労しているとのこと。
確かに左眼が外を向いているように見えます。

カバーテストでは、上下ズレを伴う右眼優位の交代性外斜視の様相、
遠見・近見とも、 ワース4灯は左眼抑制でした。
深視力検査をすり抜けて免許を取得できたことすら奇跡のように思える状態です。
しかし、時々視線が両眼視しているようにも見えるのでバゴリーニSGテストをやってみると、
60センチから1メートル付近では、間歇ながら両眼視できているようです。

両眼開放屈折検査での完全矯正値
Rv=(1.5*Sph0.00 Cyl-0.50 Ax100)
Lv=(1.5*Sph-0.50 Cyl-0.25 Ax90)
眼位は5△基底内方 左2.5△基底上方

外斜位、上下斜位の量ともに、さほど大きくもないのに間歇性の斜視となっていますし、
プリズムを完全矯正しても、左眼で見える偏光視標が消えたり薄くなったりするので(左眼抑制)、
両眼視の状態は余りよくないようです。
全く期待していませんでしたが、 三桿計ではあっさりと2cm以内の合格圏内をキープできました。

最終的な処方値
R=Sph0.00 Cyl-0.50 Ax100 2.5△B.in 1.25△B.down
L=Sph-0.50 Cyl-0.25 Ax90 2.5△B.in 1.25△B.up

フレームは玉型サイズ42ミリの丸メガネ、パンテオンに決まりましたので、
結構なプリズム量はありますが、最大フチ厚は3mm程度にスッキリと仕上がりました。

事例3

県内ですが、加賀地方から高速道路と有料道路を乗り継いで、自動車で2時間近く掛けてご来店いただいた50台の男性です。

現在使用中の眼鏡
Rv=(1.5p*Sph+2.50 Cyl-1.75 Ax175)
Lv=(1.5p*Sph+2.00 Cyl-2.00 Ax172) プリズム無し

作ったばかりのようですが、深視力の真ん中の棒の動きすらわからない深刻な状況でした。

両眼開放屈折検査での完全矯正値
Rv=(1.5*Sph+2.25 Cyl-1.75 Ax180)
Lv=(1.5*Sph+2.25 Cyl-2.50 Ax175)
遠見眼位は0.5△基底内方 左0.25△基底下方
近見眼位は正常

わずかな上下の斜位は、目の高さが左右で2mmほど違っているために起こる光学的なもののようで、
試験枠の傾き調整で無くなりました。
眼球運動は正常ですし、輻輳近点も5cmと正常ですので、融像力には問題なくプリズム矯正の必要は無いと判断し、
そのまま深視力計にて検査すると、ほぼ誤差も無く正答が得られました。

処方値
R=Sph+2.25 Cyl-1.75 Ax180
L=Sph+2.25 Cyl-2.50 Ax175 プリズム無し

現在使用中の眼鏡とはわずかな差しかありませんが、
両眼開放屈折検査→調節バランステスト→調節緩解テストという手順をしっかり踏んで余計な調節力の介入を防ぎ、
レンズの光学レイアウトを慎重に行い光学的な斜位を防ぐ だけで、
大きな差となって現れることを実感いたしました。

事例4

金沢市を流れる浅野川の中上流域にお住まいの40台前半の男性です。
自宅近くの量販店の入り口に「深視力検査ができます」との看板を見て相談されたところ
「メガネじゃダメですね。」と言われ、当店に来店されました。

両眼開放屈折検査での完全矯正値
R=Sph-3.25 Cyl-1.25 Ax165
L=Sph-2.75 Cyl-1.00 Ax170
眼位ズレなし、輻輳近点5cm異常なし、立体視視標1′までOK
深視力計で測定しても全く問題ありません。

乱視の測定の際、当店では反転式クロスシリンダーを使用しますが、
その検査中に
「さすがですね。○○○では3回ほどしかやりませんでしたよ。」と仰られました。
乱視の検査は他にもできます、とオートクロスや乱視表をお見せしましたが、見せられていないそうです。

最初にセットした乱視用検眼レンズが、たまたま度数、軸ともにピッタリだったとすれば、
理論上は2回で済むわけですが、 それでも念のため最低4回は振りたいところです。
ましてやこのお客様の場合、斜乱視で1ディオプトリー強の乱視があるのですから、
片眼あたり3回などとはナンセンス極まりない話です。
クロスシリンダーは被検者の負担も少ない検査ですから、より慎重に正確を期したいものです。

量販店に深視力計が置いてあることにも驚きましたが、いったい何のために置いているのか驚くと同時に理解に苦しみます。


ご注意
多くの方が両眼視機能を考慮した眼鏡や練習により深視力検査に合格できるようになるのは事実ですが、
斜視や矯正視力の低下などにより、両眼視機能を改善することができない場合があることもまた事実です。
必ずしもすべての方が深視力検査に合格できることをお約束するものではありません。

 

◆ あなたのお近くで深視力検査のできるメガネ店は? 

深視力メガネ研究会

または

視覚機能研究会

深視力検査の可能な店をお問い合せ下さい。 

石川県金沢市の眼鏡店〜OptPal(オプトパル)