お問い合わせをお待ちしております
TEL. 076-262-4670
営業時間 AM10:00 ~ PM18:30

深視力のためのメガネ

※ 深視力用メガネをご希望のお客様へのお願い ※

深視力用メガネのご相談、検査には長い時間(1~2時間)が掛かりますので
事前のご予約をお願いいたしております。
また、お時間に余裕をもってご来店ください。

参考のために現在使用中の眼鏡もご持参ください。

深視力とは

中・大型自動車免許や二種免許の取得、更新の際には、 通常の視力検査(遠見視力)以外に深視力検査が行われます。
これは、一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、立体視の検査のことです。
言い換えますと「遠近感をどれだけ正確に見ているか」ということを調べているわけです。

立体感や遠近感を調べるのにはいろいろな検査法がありますが、 運転免許のときには「三桿法」という動的な方法による深視力検査が行われています。


当店設置の深視力計です。

まず、屈折検査と両眼視の検査を行い、 両眼視機能が正常であるかを調べてから深視力の練習をしていただきます。


深視力計の内部を上から撮影したものです。

メカニズムは簡単です。 3本の棒のうち両端の2本が固定され、その間の1本が前後に移動します。


正面から見るとこうなります。

3本が並んだと感じたときにボタンを押し、そのズレを測定します。
自動車免許では連続3回の測定を行い、ズレの絶対値の合計が6センチ未満の場合に合格となります。


これを正確に答えられるかどうかということは、下記のようなことによって決まってきます。

1.屈折異常(近視、遠視、乱視)が正確に矯正されているかどうか。
2.両眼視機能の中で最も高次元な機能である「立体視」が良好であるかどうか。
3.検査への慣れ(習熟度)

深視力用メガネ

 深視力用のメガネというのは、上記の1、2の精密な検査を行った上で、
三桿法の検査器で正答を得られるメガネということになります。

 前述のように、「立体視」の検査法にはいろいろな種類がありますが、
この三桿法というのは目標が動く動的な検査法のためか、他の静的な立体視検査法と比較して難しいようです。
「偏光指標を用いた立体視検査では問題が無くとも、三桿法による測定では問題がある」という事例もしばしば起こります。
したがって、屈折(近視・遠視・乱視)、調節(老眼を含むピント合わせの力)、眼位(斜位・斜視)、
眼球運動(主に輻輳・開散といった眼の内寄せや外寄せの機能など)などを総合的に捉えて検査をする必要があります。
単に屈折異常と眼位のズレを矯正すればよいという単純なものではありません。

そして、上記3の「検査への慣れ(習熟度)」というのも重要な要素になってきます。
特に静的な立体視検査では問題が無く、三桿法による測定でのみ問題がある方は、
三桿法の検査器による練習と並行して視機能のトレーニングも行うと効果的な場合があります。

また、検査機器への相性の問題というのも少なからずあるようです。
三桿法の検査器には、手動で桿を動かすもの、電動で動かすもの、
そして運転免許試験場で使用されるようなボックス式の検査器があります。
このボックス式というのが曲者で、この検査器にだけ問題が発生する場合が見受けられます。
単体の三桿法検査器の多くでは、測定距離は2.5メートルになっており、2.5メートル離れた地点から検査器を覗き込みます。
対して、運転免許試験場に設置されているボックス式の検査器の場合、
同時に静止視力、色覚(信号の色が判断できるかどうか)、深視力が測定できるようになっており、
これらをコンパクトに収納するために鏡、プリズム、レンズなどを用いて、光学的に検査距離を確保しています。

この点以外にも、機械の検査窓を覗き見るという行為から、精神的な圧迫感を受けることもありますし、
機械近視とも呼ばれる調節緊張の発生、それに伴う輻輳(眼の内寄せ)の喚起、
メガネを検査窓に押し当てることによってズレてしまい光学的性能が発揮できない、
などの原因が考えられます。


当店では、両眼視機能の検査を精密に行い、
さらにこの深視力検査のための三桿法の検査器を設置しています。

※ 当店では、眼鏡の作成を前提に両眼視機能検査および深視力検査を行っております。

検査のみのご依頼、あるいは検査データの外部提供はお断りしておりますのでご了承ください。

残念ながら効果が現れず眼鏡作成に至らなかった場合には、
¥3000(税込)の検査手数料をいただきますが、
メガネ一式またはレンズ一組をご注文いただきました場合には、 手数料は無料となります。



◆ あなたのお近くで深視力検査のできるメガネ店は? 

深視力メガネ研究会
または

視覚機能研究会 深視力検査の可能な店をお問い合せ下さい。


ご注意

多くの方が両眼視機能を考慮した眼鏡や練習により深視力検査に合格できるようになるのは事実ですが、斜視や矯正視力の低下などにより両眼視機能を改善することができない場合があることもまた事実です。
必ずしもすべての方が深視力検査に合格できることをお約束するものではありません。


お問い合わせ

icon 電話番号076-262-4670
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
メールでのお問い合わせ

*ご質問等に対する弊社からの返信が、各プロバイダ様のサーバーエラーにより未達となる場合がございます。返信メールアドレス、メールプログラムの設定等ご確認くださいませ。
尚、個別商品の品番等の問い合わせにはお答えいたしかねますのでご了承ください。


ページトップに戻る